" 査定を受ける前の洗車・清掃

洗車の目的は大事に乗っていたことのアピール

外車 買取

■査定前の洗車は必ず効果があるというものではない

「洗車したからといって査定額がアップするわけではない」「どうせ市場にでる前に洗車・クリーニングが行われるのだから自分でキレイにするのはムダ」という意見もあります。

でも、査定前の洗車の目的はそんなことではありません。

「車を大切にし大事に乗ってきたことをアピールする」

これこそが査定前に車をきれいにしておくことの意味です。

査定マンも人の子、「汚れている」という第一印象は「いい加減に扱われてきた車」というイメージにつながります。

そういうイメージが先行してしまえば査定額のプラスも期待できなくなってしまうのです。

洗車そのものでプラス査定を狙うのでなく、査定マンに良い第一印象を持ってもらい、その他のプラス査定の確率を少しでも高くするというのが洗車の目的なのです。

現実に、価格交渉で査定マンが店長に「もう一声」の了承を得るときの説得材料の一つになった例もあるといいます。

いい例えかわかりませんが、企業採用などで当落線上の二人のうち一人を選ぶなら印象の良い方、見栄えの良い方を選ぶという話に似ているような気がします。


■エンジンルーム、トランクルームも忘れないで

査定額がどうこうという話とは関係なく、「長い間お世話になった愛車だからきれいにして出してやりたい」という純粋な気持ちからせんsにゃ・清掃を行う方もおられることでしょう。

そのような方なら普段から車をきれいにしているでしょうから、普段どおりの洗車・車内清掃を行えばいいだけです。

ボディも車内もきれいに掃除されていれば「このクルマは大切に乗られてきた」という印象を与え、洗車もされずユーザーの愛情が感じられない状態の車に比べ査定で有利になるのは明らかです。

エンジンルームもきれいにしておけば、日常のメンテナンスも行われ大事に乗られていた車であると受け取ってもらえるでしょう。

またトランクルームも忘れずにチェックしゴミ、汚れがあればきれいにしておきましょう。

■洗車キズなど気にしない

洗車すると小さなキズが目立ってしまうという素人考えの心配はプロの査定マンに対して失礼です。

プロから見ればその程度の事は洗車の有無に関係なく直ちに判ってしまうからです。

キズが隠れるほど車を汚したままにしておくなら、むしろオーナーのマナーや常識を疑われるのではないでしょうか。

ましてや、キズが目立たない雨の日や夕暮れ時に査定を受けた方がよいというのはちょっとせこい話のような気がします。

簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


洗車・清掃の手順の例

●私物や不要な物を降ろす

まずはトランクルームなどの私物、不要な物をみんな降ろしてしまいます。

車内の私物・不要物も車検証など最低限の書類を残してすべて出してしまいます。

チャイルドシート等も取り外して清掃がしやすくなるようにします。

●車内を清掃する

汚れたフロアマットでボディーを汚すことのないよう、ボディーの洗車の前に車内の清掃を行います。

・フロアマットをとり外して掃除機をかけます。

・フロアマットを洗い、シートクリーナーでシートの汚れを取り除きます。

・窓等にシールが残っていれば剥がします。

●洗車

水洗い、シャンプーなどでボディーを洗います。

ボディーがきれいになったら、せっかくですからワックスをかけます。

窓ガラスもきれいにすれば車の印象はかなり違うものです。

●エンジンルームの清掃

ヤケドを防ぐため必ずエンジンルームが冷めていることを確認してから作業をします。

基本は拭き掃除ですが、めだったホコリがあれば柔らかいブラシなどで取り除きます。

エンジンオイルのにじみがあれば、使い古しの歯ブラシと中性洗剤でこすり取ります。

ゴムホースなども拭いておくとなおいいでしょう。



=車についてのお得な話=
多走行車の売却では海外向けの買取を行う業者がねらい目です。
通常の買取店よりいい条件で売ることができます。


このページの先頭へ