" ボディーのキズや凹み

修理費をかければ損をしてしまう

外車 買取

車を普通に乗ってきてできた細かいキズは、車齢に応じた経年変化として査定には大きな影響はないとされています。

自然にできたキズでなく、ボディーをぶっつけたりこすったりしたキズ等の場合は、査定前に修理したらいいものかどうか悩ましいところがあります。

特に最近では短時関で安く修理してくれるカーコンビニなどが増え、少しでも高く売れるのなら修理しようかなと迷うことが多いかもしれません。

このキズやヘコミの修理についてはどう考えればいいのでしょうか。


■傷・ヘコミ・塗装の剥がれが減点対象

車の査定の際、ボディーの状態で減点対象となるのは、傷・ヘコミ・塗装の剥がれなどです。

キズでも、爪を立てて引っかからないようなうっすらとした傷は、減点対象にはなりません。

査定減になるような大きなキズや凹みがあれば気になって、事前に修理しておいた方がいいのではと考えてしまいます。


■修理代をカバーできる査定アップは望めない

でも、修理工場に出さなければ修理できないようなキズや凹みは何もしないほうが良いというのが結論です。

買取店は自社工場などでキズ、ヘコミなどを一般のオーナーよりもはるかに安い金額で修理することができます。

大きなキズやヘコミなどは査定でマイナスになるのは確かですが、オーナーによる修理代が高額になる場合、その修理代すべてが査定に上乗せされることは期待できません。

知り合いの工場などがあり格安で修理できれば別でしょうが、一般的には大きな修理は行わないで査定を受けた方が結果的には得になります。


■自分でできる範囲内ならやった方がよい

多少の小さい傷であれば普段のメンテナンスのように市販のタッチペンやコンパウンドなどで自分で補修することができます。

飛び石などによる小さい塗装の剥げ落ちなどは、サビを防ぐという意味から査定でなくても普段からやっておくべきことかもしれません。

ボディーのメンテナンス用品も進歩しており、洗車キズのような細かいキズなら洗車してコーティングするだけで目立たなくしてしまう優れものもあります。

また素人にはリスクのあるコンパウンドがけをしなくても、塗装面の表層だけの浅いキズなら傷の直角方向こすってやるだけでほとんど傷が目立たなくなるような補修剤まで普通のカー用品店で売っています。

車を大事にしている方にとっては普段のメンテナンスの範囲内のことでしょうが、洗車と同様、自分でできることはやった方が第一印象を良くすることになるでしょう。


■結論

以上をまとめると、

・修理費のかかる傷、凹みなどは修理しない

・自分でできる範囲の補修はした方がよい

ということになります。

自分でできることも、普段のメンテナンスでやり慣れていることにとどめるのが賢明でしょう。

やり慣れないコンパウンドがけをしてかえってボディーに色ムラを残したりすると逆効果になってしまいます。

簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


○なぜ買取店の修理代が安く済むのか?

買取専門店が自社工場で修理する場合は、その費用が安く済むことは容易に想像できます。

でも、自社工場でなく外注で修理をしている買取店もあるはずなのですが、その場合どうして一般の場合より修理費が安くなるのでしょうか。

この疑問に応えている板金塗装業の方のコメントがネットで見つかりましたので引用してみます。

「・・・前項で、自分が修理依頼するよりも、業者が板金塗装の修理依頼をした方が安いと書きましたが、その理由を簡単に説明しておきます。

例えばですが、品物を仕入れるときに、大量に仕入れるのと、ひとつだけ仕入れるのでは、どちらの方が安くなるでしょうか? もちろん、大量に仕入れる方ですよね。継続的にその品物を仕入れてくれるとなれば、更に安くなるでしょう。

この品物が下取り車の修理になるだけで、理屈は全く同じです。一般の方がお願いする板金塗装は、ある意味一度きり、業者は毎月まとまった数の修理を依頼し、それを継続してくれます。なので、普通に修理依頼するのと、業者が修理依頼するのとでは、金額が全く違うのです。」

どうでしょうか。なるほどねって感じです。


※軽自動車の任意保険節約の参考サイトです。⇒軽自動車 任意保険


過走行車の査定・売却

このページの先頭へ